イボコロリは首のイボにも効果があるのか

イボを治す市販の薬で最もポピュラーなのが「イボコロリ」です。イボコロリには内服薬と液体タイプがあります。
このうち首のイボに効果があるのは内服薬タイプです。この内服薬はハトムギを原材料としたヨクイニンという生薬が主成分となっています。ハトムギにはコイクセノライドという成分が含まれていますが、これは肌のターンオーバーを正常化して新陳代謝を活発にする効果があります。首にできるイボは老化が原因で起きる老人性であることが多いので、遅くなってしまったターンオーバーを正常化して新しい皮膚に生まれ変わるのをサポートすることで、症状を改善します。ウィルス性のものである場合も、有効です。内服薬は体の内側から全身の皮膚の改善を行うので、結果が出るまでに時間がかかります。根気よく続けることが大切です。
イボコロリといえば有名なのが液体タイプですが、液体タイプは首への使用には向いていません。液体タイプは足などにできるウィルス性のイボに付ける薬です。周囲に塗ることによって根っこからポロッと取れるので、首のイボもこのように除去したいと思う人も多いと思いますが、首などの皮膚の柔らかい部分や老人性のものには使用できません。液体タイプは皮膚の細胞を死滅させてウィルスに感染している皮膚ごと取り除くというものなので、皮膚が薄い部分への使用すると悪化したり傷跡が残ってしまう可能性があります。自己判断による間違ったケアはリスクを伴いますので注意が必要です。